トップ

病院へ見舞いに行くときの心得

誰でも人は病気に見舞われるわけで、そんなとき病院へ入院を強いられることもあります。入院すれば、もちろん身動きはとれませんし行動範囲も限られます。周りを見ればみんな病人ばかりですし、孤独感にさいなまれることにもなります。そんな時誰かが、見舞いにでも訪ねてきてくれたらどんなにうれしいことかわかりません。それは、病状が落ち着き回復してからの話であり、病気がまだ安定していないときに訪ねるとかえって迷惑します。それくらいの気遣いは必要でわからなければなりません。あくまで具合が悪くて、病院にいることを忘れてはいけないのです。

がん治療にお悩みなら
こちらからまずはご覧ください。最新の技術と設備が必要なカテーテル治療を専門的に治療して下さる、ここなら安心して受けることが出来ます。おすすめですよ。

いちごちゃん

見舞いの常識・非常識

病院へのお見舞いは、相手のことを思っていくものです。身内以外は入院直後は避けたほうがいいです。苦しんでいる時に来てもらっても嬉しくないものです。手術直後などはできるだけ避けて、体調が落ち着いたころに伺いましょう。大部屋の可能性もありますので、多人数でおしかけるのは周りの患者さんの迷惑にもなります。避けたほうがいいです。長時間の滞在は、病人の身体の負担にもなりますので15~20分程度で帰るようにしましょう。お見舞いに持っていくものとして、花束を持っていかれる方も多いと思いますが、土のついた鉢植えは持っていかないようにしましょう。病院の中ですから、衛生上の問題もありますし、昔から「寝つく(根つく)」と言われ、嫌がられます。花束を持っていかれる方は、花瓶も一緒にプレゼントされると喜ばれますよ。

病院へのお見舞い情報

新着情報